西岡菓子舗 (公式)

銘菓 西岡の「つるのこ」のご紹介


 当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 弊社は四季折々の和菓子を家族だけの小規模経営かつ厳選された材料を使用した手作り少量生産にて製造販売いたしております。
 とりわけ看板商品の「つるの子」は地元はもとより全国からご愛顧いただいております。ふんわりとした口当たり、そして上品な甘さがお口の中に広がる「つるの子」、是非一度ご賞味ください。

西岡の「つるの子」誕生秘話
 福岡や岡山に「鶴の卵」というお菓子が昔からございますが、昭和初期より松山にあった老舗和菓子店ほてい屋にてそれとは違う食感の「つるの子」が販売されておりました。 当店の創業者はほてい屋で修行したのち独立し西岡菓子舗をたちあげました。 ほどなく、ほてい屋が廃業され「つるのこ」は松山から消えてしまいました。 しばらくして、 「つるの子」の味を惜しんだほてい屋の遠縁のお茶人より当店に「つるの子」の復活を依頼され、その後東京在住のほてい屋のご子孫に了承をいただき、当店で認可製造販売するに至っております。
 昭和天皇を始め、皇太子殿下、皇太子妃雅子様、秋篠宮親王、秋篠宮紀子様、高松宮様、 皇族の方々がご来松の折、西岡の「つるの子」をご宿泊先でお召し上がりになり、お土産としてお持ち帰りになられます。
 また、岡田茉莉子様、阿川佐和子様、夏井いつき様、裏地桂子様、松本伊代様、友近様(ご来店順)。当店に直接ご来店いただき西岡の「つるの子」をご用命いただきました。
 またクロマニヨンズの甲本ヒロト様にもご愛顧いただいております。
西岡の「つるの子」は地元全国共にたくさんのファンの方々もいらっしゃいます。
私どもにとりましてこれ以上の名誉はありません。なお一層精進していく所存でございます。